支払い能力の有無

売掛金の債務者に支払い能力があるなら、前頁の流れで問題ないはずです。しかし、いつでもそうであるとは限りません。何らかの理由で支払えなくなっている場合も十分に考えられます。おそらく売掛金が発生する関係になった時、相手の支払い能力をある程度は見越した上で、売掛金の発生を認められていたのでしょう。

しかし、誰もが競争や世相の変化に晒されている以上、かつて順風満帆の経営状態だったとしても、ビジネスを取り巻く状況の変化によって資金繰りが悪化する事は十分に考えられる事です。相手に払うものがない状態だと、売掛金の回収に苦労する事になるはずです。督促や訴訟などの対処をしても、相手に支払うための原資がないからです。こうなってしまった場合は弁護士に依頼して、仮差押などによって、相手が所有する不動産などの資産を換金する形で支払いを求めていくべきです。

【参照サイト】
売掛金の回収 | 売掛金の回収・債権回収のお悩みなら弁護士法人アディーレ法律事務所

これから支払い能力が回復する可能性があるなら、将来の支払い意志を書面でおさえるのも効果的かもしれません。売掛金の分の資金がないと困るのは、債務者だけではありません。経験を積んだ弁護士でなければわからないような、複雑な回収方法も必要になるので、少しでも状況を好転させるために全力を尽くしましょう。

Comments have been closed/disabled for this content.