売掛金のトラブル

商品の販売やサービスの提供、不動産などさまざまな種類がありますが、売掛金と無縁の方は少ないでしょう。特に消費者相手だけではなく、企業などの法人を相手とした事業に、営業職や事務職などのポジションで携わっている方なら、一度は何らかの形で関わられた事があるかと思います。多くの事業においてなくてはならない、または避けては通れない売掛金ですが、何かとトラブルの原因になりやすい物であるとも言われています。

売掛金に関するトラブルはいくつか挙げられますが、中でも代表的なのは踏み倒しでしょう。すでに提供した商品やサービスの売掛金を、何らかの理由で顧客が支払いを拒否してきたケースです。いくら帳簿に記された数字として売掛金の権利があったとしても、その額面分を支払ってもらえない事には意味がありません。しかも提供したサービスの類は、事業の中で相応のコストを払って生み出しているはずです。それを売掛金という対価を払わずに持ち去られてしまっては、額面によっては会社の業績や、存続にさえ関わりかねません。

当サイトでは売掛金に関連するトラブルの中でも、法廷での争いにまで発展しやすい回収に関するトラブルについて紹介しています。売掛金の回収に関するトラブルは多く、場合によっては仕事や職場の命取りにさえ発展しかねないです。骨折り損のくたびれ儲けを防ぐために、そして大切な仕事や組織を守るための、ささやかな一助となれば幸いです。

Comments have been closed/disabled for this content.